よくある質問

ゆるみ止め性能上のQ&A

HLB ハードロックベアリングナットの一番の特徴は何ですか?
現行の機械等の仕様を変えることなく、どのような悪条件に対しても、
十分なゆるみ止め機能を発揮することができることです。
HLB ハードロックベアリングナットと一般のベアリングナットでは緩み止め効果の差はどの程度ありますか?
ベアリングナットは六角ナットと比較して、強く締付けることができません。
従って、非常に低いトルクでも管理できるHLB ハードロックベアリングナットは、比較にならないほどの差があります。
凹凸ナットを逆に締付けても緩み止め効果は変わりませんか?
緩み止め効果はかわりません。ねじ山が少ない場合は凹ナットを先に締付け、
その後凸ナットを締付けてご使用されるお客様もいらっしゃいます。
ただし、荷重がかかる箇所には、ねじ山数の多い凸ナットからの締付けを推奨致します。
歯付座金+ナットと比較してどうですか?
NAS規格の振動試験において、歯付座金が破損してもHLB ハードロックベアリングナットはそれ以上の振動衝撃に耐えうることができることを証明しています。
主にどのような箇所で使用されていますか?
※大きな荷重が発生する箇所
※高速回転する箇所
※正転・逆転を繰返す箇所
※振動衝撃の発生する箇所
※一旦取り付けると簡単にメンテナンスできない箇所
※あまり強く締付けれない箇所
・・・・等さまざまです。
 

使用選定上のQ&A

HLB ハードロックベアリングナットの形状はどのように選べば良いですか?
標準タイプと薄型タイプがありますが、それ以外でもお客様の仕様に合わせた形状で製作することができます。
寸法表の凹凸ナットセット高さを参考にして、HLB ハードロックベアリングナットが対応できる設計になっているかを確認してください。
ボルト/シャフトは特別なものを使いますか?
現行使用されているボルト/シャフトのねじの等級にあわせたHLB ハードロックベアリングナットを提供できます。
通常のねじ等級は、旧JIS2級にあわせております。
シャフトにはキー溝加工は必要ですか?
キー溝加工は不要です。
歯付座金も使用する必要ありません。
また、キー溝加工済みのシャフトでも使用することができます。
使用環境(耐熱、耐冷)による影響はありますか?
当社の標準材質はSS材、SC材、SUS材の3素材となっておりますが、300℃以上や-100℃以下の環境でご使用の場合は
他の材質や表面処理を検討する必要がありますので、ご相談ください。
凹凸ナットを締結した際、座面の傾きはどうなりますか?
偏芯構造のため上ナットを締め付けた際には、若干傾きますので、
直角度の厳しい箇所には座金を挿入していただければ、片あたりの心配はありません。
第2ナットのトルク管理はどうすれば良いですか?
サイズ別締め付けトルク表をご参考ください。
HLB ハードロックベアリングナットの標準品は上下面研磨仕上げをしていますか?
上下面仕上げは行っておりすが、研磨仕上げまではおこなっておりません。
 

取り付けに際してのQ&A

ボルト/シャフトに潤滑剤は塗布しますか?
必要に応じて塗布してください。尚、潤滑剤を塗布して頂いても緩み止め効果に影響はありません。逆に取り外す際に潤滑剤は効果的です。
特別な締め付け工具が必要ですか?
HLBの外見寸法は一般ベアリングナットと同じですので市販の引っ掛けスパナーをご使用ください。
凹ナット締め付け時に凸ナットを別の工具で固定しなくても良いですか?
凸ナットを軽くでも締め付けて頂いていれば、凹ナットの締め付けの際に凸ナットを別の工具で固定する必要はありません。
ただし、凸ナットをボルトの中間位置で締め付ける場合は、凹ナットを締め付けると共回りする可能性がありますので、凸ナットを固定する必要があります。
凹凸ナットを締付けた後、凹凸ナット間の隙間があいていても大丈夫ですか?
凹ナットの締め付けトルクを当社推奨トルクで管理して頂ければ、問題ありません。
同トルクで締結しても、シャフトとナットのねじ精度がそれぞれ異なる為、当然隙間も変わります。
凸ナット凹ナットを逆に使用しても大丈夫ですか?
はい、ゆるみ止め効果に影響はありません。
ただし、荷重のかかる箇所への使用の際には凸ナット凹ナットの順でご使用ください。
第2ナット締付け時に第1ナットを別の工具で固定しなくても大丈夫ですか?
はい、HLB ハードロックベアリングナットの構造上、凸凹ナットは共回りしないので工具一本で締結可能です。ただし、第1ナットをほとんど締付けない場合には、若干共回りする可能性がありますので、第1ナットをスパナ等で固定し、第2ナットを別の工具で締付けるようにしてください。
 

締結後のメンテナンス時のQ&A

取り外しにくい場合はどうすれば良いでしょうか?
浸透性の潤滑剤をねじ部や凹凸ナットの隙間に塗布して頂いた後、
凸ナットを別の工具で固定してから、凹ナットを取り外してください。
決して凹凸ナットを同時に外さないでください。焼き付きの原因になります。
繰り返し使用の目安を教えてください。
凹ナット手締め時に凹凸ナットの隙間が1ピッチ以上あいていれば再使用は可能です。
極端に隙間が無いものに関しては、くさびの効果が十分働いておりませんので、ご使用をお控えください。
締結した状態のHLB ハードロックベアリングナットに塗装しても大丈夫ですか?
特にゆるみ止め効果に問題はありません。