NAS試験 試験データ

NAS試験は米国航空宇宙規格で決められたゆるみ止め評価試験です。試験取り付け器具は図の通りです。

メートルねじの規格の試験方法はNA0009で規定され試験治工具はNAM1312-107で決められています。
ユニファイねじの規格の試験方法はNAS3350で規定され試験治工具はNAS3354で決められています。

NAS試験 取り付け器具

NAS試験 取り付け器具

<規定試験手順>
① 規定トルクで4回脱着、5回目に設定トルクで締め付け。
② 試験装置(締結体一式)を電気炉で800°F±25°F(425±2℃)又450°F±25°F(230°±2℃)に加熱。
③ 加熱後、SAE油相当の機械油をボルトに塗布して締付け。
④ ボルト、ナット、ワッシャーにマーキングして衝撃試験を開始。
⑤ 振動は周波数1750~1800c.p.mとし、30000サイクル(約17分)実施しナット、ボルト間が360°未満が合否判定基準。
⑥ 試験終了後のナットの亀裂もしくは破断部分の有無を10倍に拡大し検査。

サンプル試験結果

ハードロックナットは優れたゆるみ止め効果があることを立証しています。
試験ナット:
SN:六角ナット
SN+SW:六角ナット+ばね座金
WN:六角ダブルナット
HLN:ハードロックナット

サンプル試験結果

試験風景映像