試験装置

NAS試験機(振動衝撃試験装置)NAS試験機(振動衝撃試験装置)

(National Aerospace Standards)
米国航空宇宙規格に準拠した衝撃振動試験装置です。ねじ締結体を決められた枠帯に取り付け約30Hz、振幅約11.4㎜で30,000回(約17分)振動衝撃を与え、ゆるみ状態を確認します。

ユンカー式軸直角振動試験機ユンカー式軸直角振動試験機

ねじゆるみ試験方法の代表的なもので、ドイツのユンカー博士が考案しユンカー式軸直角振動試験機と呼ばれています。固定版と振動版とを試験ボルト・ナットで締結し、振動板に軸直角方向の外力を加え振動変位させて軸力の変化を確認します。

ナット締付け試験機ナット締付け試験機

ナットを自動で締め付け、トルク・角度またロードセルを取り付けることにより軸力が計測できる試験装置です。
1回の締付け試験でトルクー軸力線図、回転角ートルク線図、回転角ー軸力線図のデータが取得出来きます。

万能試験機万能試験機

金属、複合材料やそれらの製品、部品の強度試験(引張、圧縮、曲げ、せん断等)を行う装置で最大負荷は1000kN(100トン)です。
保証荷重試験やねじ剪断試験などに利用しています。
(島津製作所製 UH-F1000kNX)

疲労試験機疲労試験機

製品・部品の疲労特性を調べる為の装置で設定値の負荷を繰り返しかけることによる疲労限界を確認し、疲労限界以下の荷重・応力振幅では疲労破壊しないことを確認する為の装置です。
最大荷重:±100kN@21Mpa、
ストローク:100mm(±50㎜)